東京自由が丘ピュール施療院は顔の歪み、体の歪み、外反母趾、ダイエット整体、
東京自由が丘女性専門整体で施術数・満足度No.1

  • 初回限定 全メニュー10%オフ券
  • よくある質問
  • ご予約フォーム
ブログ

スクリーンショット 2015-05-04 18.25.52


肋骨矯正と胸部筋肉調律について


自由が丘の遊歩道は葉桜が見事で、心地よい若葉風を感じながら、デートを楽しんでいるカップルや家族連れをよく見かけます。

東京自由が丘ピュール施療院は、毎年、ゴールデンウィーク中も、通常営業していますが、この時期に増える症状は、肋骨6番〜12番の出っ張りを気にされているお客様です。

肋骨矯正を希望される理由は、以前から気になっていたことと、肋骨が出ているとお腹も出ているように見られてしまうこと。。

特にハワイでビキニになったり、夏に向けて薄着になると、どうしても肋骨から下腹のエリアが目立ってしまうため、少しでも改善したいという、お悩みがほとんどです。

下記が、胸部筋肉調律と肋骨矯正による各改善メリット
・各胸部関連筋肉を引き上げることで、バストアップに繋がる
・肋骨の中部、下部を抑え、出っ張りの改善につながる
・肋骨があがることで呼吸が楽になる
・猫背や肩こりの改善に繋がる

■肋骨6番〜12番の出っ張りを抑える施術について

肋骨6番〜12番の出っ張りを抑えるには、出っ張ることを許している筋肉と骨、そして、肩甲骨と肋骨を引き上げる各筋肉を調律する必要があります。

①前鋸筋(ぜんきょきん)と頭半棘筋、頸半棘筋、胸半棘筋、頸椎矯正

・前鋸筋(ぜんきょきん)は、胸部の筋肉のうち、胸郭外側面にある胸腕筋のうちの一つで、肋骨(第1~第9)腱弓を起始とし、肩甲骨と胸郭との間を後上方に走りながら、肩甲骨で停止しています。

・頸半棘筋(けいはんきょきん)は、第1~6胸椎横突起を起始とし、斜側上方に向かって走り、第2~6頸椎棘突起に付着しています。

・胸半棘筋(きょうはんきょくきん)は、長背筋のうち、斜胸の深層に位置する筋肉である。半棘筋のうち、頭半棘筋と頸半棘筋、胸半棘筋の3部に分けられたものの一方である。第7~12胸椎横突起を起始とし、斜側上方に向かって走り、第6頸椎~第4胸椎棘突起に付着しています。

・頸椎矯正は、身体の重心を整えるために行います。まず、どこがお客様にとって、適切な重心なのか、座位と立位で確認し、極端に大きなウェイトが掛かっている箇所を見つけ、左右のバランスを計り、できるだけ、前後の負荷重力を分散するように矯正します。

②小胸筋と大胸筋の調律

小胸筋は、肋骨から肩甲骨についている筋肉(肩甲骨烏口突起をつなげる筋)で、左右それぞれ三本ずつあります。小胸筋は胸の重さを支える筋肉なので、小胸筋が弱くなると、胸も肋骨も垂れ気味になります。 また、小胸筋は肋骨と大胸筋の間にあり、肋骨を持ち上げて、息をするのを助けてくれます。

また、胸周りの筋肉を支える役割をしています。 小胸筋は胸を内側に引っ張っておくという大切な役割があるのですが、小胸筋が衰えてしまうと、胸が開いて左右にどんどん離れていき、また、肋骨が下がり、胃から下の腹部が出たような体型になります。

胸が左右に離れると、乳房が大きくても、谷間ができにくくなり、ブラを外した時に左右に離れた感じで、少し、だらしない雰囲気になります。また、下腹部が出ることにより、胸がフラットで小さく折りたたんだ感じに見えてしまいます。結果、ブラを探すのも大変になっていきます。

小胸筋の働きが良くないと、リンパの流れも血液循環も十分ではなくなって、大切な酸素や栄養が胸まで運ばれにくくなったり、老廃物が胸にたまって胸が冷えた感じになります。また、猫背、肩こり、五十肩などの原因にもなります。

大胸筋は、3方向の繊維に分かれていて、それぞれ力の加減によって使い分けられます。鎖骨部は、鎖骨の内側半分に付着、胸肋部は、胸骨及び第1~第6肋軟骨に付着、そして、腹部は、腹直筋鞘前葉に付着しています。 呼吸に関する筋肉としても重要で、肋骨を持ち上げ、呼気の補助をします。

③肋骨矯正と肩甲骨矯正と関係筋肉の調律

肩甲骨の周り、特に肩甲骨の間の奥の小さな筋肉、菱形筋 (りょうけいきん)が弱まると、肩甲骨周辺の筋肉が硬くなり、胸の筋肉を支えることができなくなってしまいます。 また、前鋸筋は、肩甲骨をはさんで菱形筋(りょうけいきん)に連続しており、これら2つの筋肉は、両側から肩甲骨を引っ張るような位置関係にあります。 従って、肋骨矯正と肩甲骨矯正を行うには、対応している関係筋肉の調律を最初に行い、そして、肩甲骨矯正、次に肋骨矯正を行います。


東京自由が丘ピュール施療院では、肋骨矯正と胸部筋肉調律について、改善施術を行いながら、症状に応じて、姿勢改善のアドバイスも行っています。


肋骨矯正と胸部筋肉調律整体について、ご興味がある方、肋骨の出っ張りが気になっている方。改善対策の重要なポイントの1つが「早期発見、早期対応」です。もし、おかしいなと気づいたら、お早めにピュール施療院にお電話( 03-5701-5701 )、メール( information@pur.co.jp)、または、下記のフォームから、どうぞ、お気軽にお問い合わせください。心からお待ちしております。 私たちが長年、研究し、身につけた施術で、お客様のお役に立てるとうれしいです。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
よろしければ、チェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。




肋骨矯正と胸部筋肉調律なら東京自由が丘ピュール施療院|満足度No.1


TEL.03-5701-5701

【営業時間】11:00〜21:00【定休日】毎週木曜日

予約状況のお問い合わせはこちら

▲ ページトップ ページトップ